[2014年版]アンジェリーノとギュットの特徴と装備の違い[まとめ]

子供乗せ自転車もさまざまな車種が出てきています。

少し前はブリヂストンのアンジェリーノシリーズが

王道だったのですが、最近では・・・。

 

[ブリヂストン]アンジェリーノシリーズの特徴

  • バッテリー容量:8.7Ah、12.8Ah(アンジェリーノeは8.7Ahのみ)
  • ハンドルロックは、グリップ部分のレバーを下ろすことでロックできる
  • 前子供乗せ(スーパーエンジェルシート2.1)の機能が多い
  • オリジナルのスマートコントロールブレーキ(前)で高い制動力
  • 3ファンクションメーター(手元スイッチ)で、残り走行可能距離がわかる
  • 本体のカラーによってサドルが2種類ある

アンジェリーノe(A26L84)

アンジェリーノプティットe(A20L84)8.7Ah

アンジェリーノプティットe(A20L14)12.8Ah

[パナソニック]ギュットシリーズの特徴

  • バッテリー容量:6.6Ah(ギュットミニKのみ)、13.2Ah
  • ハンドルロックは、スタンドを立てるとカチカチっとロックされる
  • 子供乗せ部のシートクッションが標準装備でふかふか(DXモデルのみ)
  • ステップ・シートベルトが片手で操作できるように改良(DXモデルのみ)
  • ハブ内蔵スピードセンサーになり、駐輪ロックでのトラブル解消(DXモデルのみ)
  • エコナビ液晶スイッチ3は残り走行可能時間が表示可能に

ギュットDX(BE-ENMD636)

ギュットミニDX(BE-ENMD036)

ギュットミニK(BE-ENMK03)

まとめ

それぞれラインナップが変化してきたのでバッテリー容量や、
特徴・デザインで決めてしまっても良いのではないでしょうか。
また、増税や新生活に向けてお急ぎの場合は在庫があることを
確認の上で購入するのが良いと思います!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ