「危険行為」を繰り返すと、「自転車運転者講習」の受講が義務に!

平成27年6月1日から「危険行為」を3年以内に

2回以上繰り返すと「自転車運転者講習」の受講が義務になりました。

これは違反者の特性に応じた個別指導を含む3時間の講習となり、

講習手数料の標準額は5,700円とされています。

 

自転車の「危険行為」って何だ!?

 

信号無視

 

赤信号や黄色信号で進行することだけでなく、
停止位置を守らないなど、信号の意味そのものに
従わないことがこの違反になります。

 

通行禁止道路(場所)の通行

 

「歩行者用道路」など、道路標識などで通行を
禁止されている道路や場所(歩行者天国など)を
通行する行為。

 

歩行者用道路での歩行者妨害

 

道路標識等によって自転車の通行が認められている
歩行者用道路を通行する際に、歩行者に注意せず、
また徐行しない行為。

 

歩道通行

 

歩道と車道の区別がある道路で、
歩道を通行する行為。

 

車道の右側通行等

 

道路の右側を通行する行為。

 

安全地帯等の通行

 

安全地帯や車両の通行すべきでないことが
表示されているその他の道路の部分を
通行する行為。

 

路側帯での歩行者妨害

 

自転車が通行できる路側帯で歩行者の通行を
妨げるような速度と方法で通行する行為。

 

遮断踏切への立ち入り

 

遮断機が閉じていたり、あるいは閉じようとしていたり、
または警報機が鳴っているときに踏切に立ち入る行為。

 

左方の車の進行妨害

 

信号がない交差点で、左から来る車両等の
進行を妨害する行為。

 

優先道路の車の進行妨害

 

信号がない交差点で、交差道路が優先道路である場合に、
優先道路を通行する車両等の進行を妨害する行為。

 

広い道路の車の進行妨害

 

信号がない交差点で、交差道路の幅員が
明らかに広いときに、その交差道路を
通行する車両等の進行を妨害する行為。

 

優先道路等への進入時の徐行違反

 

信号がない交差点で、交差道路が優先道路だったり
明らかに交差道路の幅員の方が広い場合、
その交差点に入ろうとするときに徐行しない行為。

 

交差点安全進行義務違反

 

交差点に入ろうとしたり交差点を通行中に、
周囲の車や歩行者等に注意せず、安全な速度と
方法で進行しない行為。

 

右折時、直進車や左折車への通行妨害

 

交差点を右折するときや、その交差点で
直進や左折をしようとする車両等の進行を
妨害する行為。

 

環状交差点通行車妨害等

 

環状交差点内を通行する車両等の進行を
妨害したり、環状交差点に入ろうとするときに
徐行しない行為。

 

環状交差点安全進行義務違反

 

環状交差点に入ろうとしたり、交差点内を通行するときに、
ほかの車両等や道路を横断する歩行者に注意しなかったり、
安全な速度と方法で進行しない行為。

 

一時不停止

 

信号のない交差点で、一時停止標識等があるのに
それを無視し、停止線の直前で一時停止せずに
交差点に進入したり、交差道路を通行する車両等の
進行を妨害する行為。

 

歩道での無軌道な通行

 

自転車が通行できる歩道を通行するとき、
車道寄りの部分や「普通自転車通行指定部分」を
徐行しない行為。

 

歩道での歩行者妨害等

 

歩道を進行中、歩行者の通行を妨げそうなのに
一時停止をしない行為。

 

制動装置不備の自転車の運転

 

基準に適合するブレーキ装置がなかったり、
ブレーキの性能が不良な自転車で走行する行為。

 

酒酔い運転

 

これは当然ですね・・・。笑

 

安全運転義務違反

 

ハンドルやブレーキ等を確実に操作せず、
また、他人に危害を及ぼすような速度や
方法で運転する行為。

※ながらスマホ運転や傘さし運転等で
事故を起こした場合も安全運転義務違反に
なることがあります。

 

【自転車安全利用五則】

  • 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  • 車道は左側を通行
  • 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  • 安全ルールを守る
  • 子どもはヘルメットを着用

 

便利グッズをチェック!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ