道路交通法で決められている自転車の正しいルール

最近では自転車がブームとなっていて、
自転車を利用する人が増加傾向にあります^^

 

環境への配慮

ガソリンの高騰

メタボ解消

理由は様々ですが良いことですよね♪

 

そこで今回は利用者の増える自転車のルールを
記事にしてみたいと思います(`・ω・´)

 

 

『道路交通法で決められている正しい乗り方のルール』

 


【自転車は車道通行が原則です】

歩道通行は例外で、歩道通行する場合は、歩行者優先で
自転車は車道寄りを徐行することが求められています。

 


【車道の右側通行は禁止されています】

とても危険なので決してしないこと!

 


【自転車の並進は禁止されています】

昔、並進しているとハンドル同士が重なって数メートル飛びましたw

 


【自転車の二人乗りは禁止されています】

※チャイルドシートを装着した場合、
6歳未満のお子様は同乗可能です。

 


【携帯電話を使用しながら走行することは禁止されています】

また、イヤホンやヘッドホンを聞きながら走行することも禁止されています。

 


【傘差し運転は禁止されています】

片手が傘でふさがってしまい、とても危険です。

 


【夜間や暗い場所での無灯火運転は禁止されています】

特に近年では、警察官のチェックも厳しくなっています。

 


【日常点検や定期点検を行ってください】

故障したままの整備不良車の運転は禁止されています。

 

 

以上、ざっと挙げてみましたが皆さんルールを守って
サイクルライフを楽しみましょう^^

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ