電動アシスト自転車タイプ別の特徴

電動アシスト自転車

 

ペダルをこぐ力をバッテリーとモーターで補助してくれます。

バッテリーの容量で、1回の充電での走行距離が変わります。

大きく分けるとスポーツタイプと婦人車タイプに分類されます。

 

その中に、子供乗せ専用タイプやコンパクトタイプがあります。

アシストがあると、誰かが後ろから押してくれるような感覚で、

とても楽に走行でき、走ることが楽しくなりますよ^^

 

 

スポーツタイプスポーツタイプ

クロスバイクに電動アシストが付いた自転車。変速段数に応じてアシストしてくれるので、

道路状況や脚力に応じて最適な走行ができます。

ディスクブレーキ仕様もあり、今後注目!

 

 

婦人車タイプ婦人車タイプ

婦人車(ママチャリ)に電動アシストが付いた自転車です。

カラー、デザインが豊富で選択の幅が広いです。

 

 

 

子供乗せ専用タイプ子供乗せ専用タイプ

最初からお子様を乗せることを前提に設計され、電動アシストが装備された自転車です。

幼児2人乗りの場合には、対応した自転車を選ぶことに加えて、チャイルドシート

幼児2人乗り対応のものを使用する必要があります。

 

 

コンパクトタイプコンパクトタイプ

小径タイヤながら、電動アシストを装備して快適に走行できる自転車です。

あまり場所を取らず、自転車の取り回しも楽チン♪

 

 

 

価格、デザインばかりでなく、アシスト能力と

バッテリーの種類(リチウム、ニッケル水素など)なども検討しましょう。

1日の走行距離がバッテリーの容量に関係するので、こちらも確認した方が良いです^^

 

 

 

size

タイヤサイズを確認し、メーカーの適正身長を参考に決定しましょう。子供乗せ専用タイプは、

前後でタイヤサイズが違う場合が多いです。

 

 

design

まずはサイズを優先してから、個人の好みでデザイン・カラーを選択しましょう。

 

 

price

価格の差は、使用されているフレームの素材とバッテリーの容量です。

バッテリーの容量が大きければ、1回の充電での走行距離は長くなるが、

価格も高くなる事が多いです。

リチウムバッテリーの場合は、継ぎ足し充電をしても性能は変わりません。

 

 

accessory

子供乗せ専用タイプはメーカーのオプションパーツが充実しているので、

購入前に必ずチェックしましょう。

各種保険に防犯登録加入が条件になっている場合が多いので、

忘れずに登録しましょう。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ