【2019】ギュットクルームの違いや価格・口コミを徹底比較!!

パナソニックの子供乗せ電動アシスト自転車といえば6車種もあります。チャイルドシートの形や前後に装着されている違いはなんとなくわかりますが、細かい違いはなかなかわかりにくいです。そこで出来る限りわかりやすく比較できるようにまとめてみました!

ギュットをタイプ別に分けてみましょう


『ギュットシリーズ』は2種類のタイプがあります。『全6車種』

前乗せタイプのギュットクルーム

出典:panasonic

チャイルドシートが前についていることで赤ちゃんを包み込むようにしっかり乗せることが出来ます。ママ・パパの目の前に赤ちゃんを乗せるので眠ってしまっても安心して見守れます。
ギュットクルームは2車種あります

後ろ乗せタイプのギュットアニーズ

出典:panasonic

大きい前カゴがついているのでお買い物や保育園の荷物をしっかり載せることが出来ます。
ギュットアニーズは4車種あります

【2019】ギュットアニーズの違いや価格・口コミを徹底比較!!
パナソニックの子供乗せ電動アシスト自転車といえば6車種もあります。チャイルドシー...

ギュットクルーム全2車種の違い

今回は前に子供乗せが標準装備のギュットクルーム全2車種を比較したいと思います。

ギュットクルームの比較一覧

クルームEX クルームDX
バッテリー容量 16.0Ah 16.0Ah
充電時間 約5.0時間 約5.0時間
走行距離
[パワーモード]
[オートマチックモード]
[ロングモード]
 
約50km
約60km
約80km
 
約50km
約60km
約80km
タイヤサイズ 20インチ 20インチ
重量 32.7kg 32.2kg
ラクイック   ○   ×
シートクッション 標準装備 オプション
希望小売価格 165,800円 149,800円

ギュットクルームの個別装備

ここでは2車種の違う装備をご紹介します。

ギュットクルームEXのみ

・ラクイック
・シートクッション

ラクイック

出典:panasonic

電子キーをカバンやポケットにいれたまま、電源スイッチON自動開錠するのは非常に便利です。毎日の送り迎えで急いでいる時に忘れがちな後輪錠の解除。

赤ちゃんをチャイルドシートに乗せて、「出発っ!」「ガチャッ!!」「あっ!!」という経験がある方も多いです。後輪錠がかかったまま、スタンドを解除して自転車を前進させると当然、後輪錠が後輪のスポークにひっかかりダメージがあります。

スポークの変形やニップルの破損によって、最悪の場合は車輪の交換になってしまい、修理費用が1万円以上になる場合があります。

シートクッション

出典:panasonic

通気性が良くて洗濯も可能な、とてもやわらかい座面用のクッションが標準で装備されています。ギュットクルームDXの場合はオプションになります。(メーカー希望小売価格:3,200円)

ギュットクルームの共通装備

・クルームシート
・チェーンケース
・ソフトグリップ
・エコナビ液晶スイッチ4SL
・リトルLEDビームランプ2
・ソーラーオートテール2
・ワイドテリーサドル
・もっと!かろやかスタンド2

クルームシート

出典:panasonic

子供の乗せ下ろしがしやすい包み込むような形のシートに一新されました。ヘッドレスト部分にはCombi製の衝撃吸収素材『エッグショック』というクッションがものすごくやわらかく低反発しますので赤ちゃんへの衝撃や振動を吸収してくれます。

また、乗せ下ろしの時にベルトが赤ちゃんの背中やお尻の下敷きになるのを防いでくれる『ウェルカムベルト』や、長さを楽に調整できるように『クイックアジャスター』という機能もあります。

チェーンケースが全面になって巻き込み事故を防ぐ

出典:panasonic

ギュットミニKDはピストル型のチェーンケースだったので下半分のチェーンがむき出しでしたが、全面をカバーすることで巻き込み防止やほこり等からの汚れを防いでくれます

ワンタッチで開閉スムーズな『ソフトグリップ』

出典:panasonic

前乗せのもち手が片側に開閉するバーになって、赤ちゃんを乗せ下ろしするのがとても快適になりました。

スタピタ2

出典:panasonic

スタンドを立てると同時にハンドルが「ガリガリッ!!」と簡易ロックします。子供の乗せ下ろしや荷物が重い時にも安心です。

3人乗り対応

赤ちゃんを2人(前後)に乗せることが可能な幼児2人同乗基準適合車に対応した設計です。

3年間盗難補償優遇制度

万が一自転車が盗難にあってしまった場合、購入日より3年以内であればメーカー希望小売価格(税抜)の30パーセントと組立手数料4,000円(税抜)で同タイプの新車を購入することができます。

ギュットあんしん傷害保険

3人乗り対応の電動自転車『ギュットシリーズ』には保険加入料無料で傷害保険が登録できます。

ギュットクルームのまとめ

ギュットクルームの2車種をできるだけわかりやすくまとめてみましたが、いかがでしょうか。バッテリー容量やタイヤサイズは一緒ですが、『ラクイック』と『シートクッション』がギュットクルームEXには標準装備されているので価格差と含めて検討いただければと思います。

発売から1ヶ月で『ギュットクルーム』が前年の200%を超える受注を記録しているようです。新生活の時期は欠品も予想されますので在庫確認したほうが吉です。

ギュットクルームEXの価格・口コミ・評判をチェック!

口コミ・評判はこちら

ギュットクルームDXの価格・口コミ・評判をチェック!

口コミ・評判はこちら